eフレンズのサイトへ

文字サイズ

生協男子×生協女子宅配ブログ 人と人をつなぐコープスタッフ

「コープスタッフと組合員の皆様の温かいコミュニケーションが見えるエピソードをつづっていきます。
沢山の方に伝えることができるホームページを通じて、より広い「声の循環」を実現します。」

鶴来、朝日地域担当 藤田さん

一番高齢の組合員さん

たぶん私が配送を担当している中で一番高齢の組合員さんのところに今日配送に行った時、チャイムを押してもあいさつしても出てこられませんでした。家の中にいる感じはしたので、「後でもう一度来ます」とメモをして、その後も2回ほど様子を見にいったら、出てきてくれて安心しました。出てこられた組合員さんがすごくあやまっていて、落ち込んでいる様子だったので、大丈夫ですよ、気にしないでください。と声かけしました。来週からも気にかけて様子を見たいです。

矢崎・符津地域担当 高田さん

欲しい物が注文できるように

11月ごろのお話です。前の週に組合員さんに迎春商品先行予約のご説明をして、今回、注文書の回収をした時に先行予約の注文書がなかったのでお聞きしたところ、「欲しいのあるけど分からんくて…」とのことでした。
再度ご説明をしてご注文につながりました。チラシが少し分かりにくかったようですが、組合員さんの欲しい物を注文できて良かったです!

河内地域担当 武樋さん

ちょうど生協さんが

夏ごろに1か月半ほど入院された組合員さんで、しばらく生協の利用をお休みして「再開するときに連絡をします」ということでしたが、3か月ほどが過ぎて11月に入り、迎春早割予約が始まるので様子を見にその組合員さんのお宅へ訪問しました。
すでに退院はされていましたが、今度はご家族が入院し、生協へ利用再開の連絡をしようかどうしようかと思っていたところだったそうです。
「ちょうど生協さんが来てくれたので、利用は少なくなるけどまたお願いします」とおっしゃられ、ご利用につながってよかったです。

大浦地域担当 洲口さん

顔と名前も

今日から利用を再開された組合員さんのお宅へ配送終わりに迎春早割予約の説明をしに伺いました。「迎春早割の利用はしたいけど、通常の商品の利用は体の調子がよくなるまであまりできなから気の毒やね」とお話されていました。「気遣わず、欲しいものあったら頼んでください!」と説明して、「毎週顔見に来ます!」と伝えると喜んでいただけて、私の顔と名前も覚えていただけました。うれしい。