商品Q&A(2018年1月)

組合員さんから寄せられた商品や生協に対する質問・声にお答えします。

2018年1月の組合員の声Q&A

機関紙とらいあんぐる 2018年4月号掲載

キャベツの表面に白いものがついているのは農薬ですか?

農薬ではありません。キャベツから分泌されるブルームで、水分調節や病気の侵入防止など、自らを保護するために分泌したものです。天然のろう物質でできており、安全性に問題はありません。ブルームはブドウやキュウリにも見られます。   

トランス脂肪酸を低減したパンは、生協で取り扱っていますか?

現在生協で企画している主なパンメーカー(COOP・敷島製パン・フジパン・神戸屋・コープこうべ・タカキベーカリー・巽製粉)では、この10 ~ 5 年の間で使用しているショートニング・マーガリンを「低トランス脂肪酸タイプ」のものに切り替えております。パンになった時点で「トランス脂肪酸:0g」と表示可能なレベルになるものもあります。(熟仕込食パン、毎日食パン、熟成ロイヤル、バターロール、超熟など)
※「食品表示基準」及び「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針」に基づき、製品100g 当たり、トランス脂肪酸:0.3g未満の場合は0gと表示が可能です。なお、食事パン(食パンやバターロールなど)は上記のような内容になっておりますが、菓子パンやデニッシュタイプの商品については、使われる油脂量が多い分だけ、トランス脂肪酸は多くなる傾向です。

ページの先頭へ