ブログトップ  »  じわもーる  »  じわも~る『舟木屋の塩こうじ』

じわも~る『舟木屋の塩こうじ』

2017年2月 3日 じわもーる
みなさんこんにちは。
こちらのブログでは、「もー」(コープいしかわオリジナルカタログ)に掲載される商品をご紹介させていただきます!
みなさんは調味料として、『塩こうじ』を使われたことはありますか?スーパーなどでもよく目にするようになりましたが、まだ使われたことがない方、もちろん使ったことがある方も必見です!!

---------------

 

『舟木屋の塩こうじ』

 

メーカー:有限会社舟木屋

 

049

    
              規    格  :200ml(250g)
           組合員価格  :300円(税込324円)
              温 度 帯 :冷蔵
            賞 味 期 間 :180日
              企 画 回 :毎月1回(10~3月までの冬季限定)
 
【商品の特徴】
熱処理をしない生きている糀菌の作用により、素材の旨みを引き出します。塩こうじはミキサーで粒をなくしてあるので、どんな料理にも使いやすく便利です。ボトルタイプなので、片手で味付け調理ができ、重宝します。

【表記文】

◆◆ご注意◆◆

 未開封でも必ず冷蔵。保存方法を厳守しないと内容物が噴き出ることがあります。

 

【おすすめセールスポイント】
調味料の1つとして、塩や醤油の代わりとしてご使用下さい。目安の分量は一般的に塩の2倍量です。塩麹には、酵素と呼ばれる物質がたくさん含まれており食材をやわらかくすると同時に糖やアミノ酸、グルタミン酸などを作り出し食材に甘みや旨みをもたらします。こうした酵素の作用に乳酸菌や酵母の働きで生まれる味も加わり、最終的には多くの味覚要素が合わさった味となる為、食材を普通に食べた時よりも多味で深い味わいを感じられるようになります。
 
★おすすめの調理方法は、野菜の時短漬物(A)やお肉・魚の下味(B)です。

 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

052

 

   ↑とっても手軽な時短漬物(A)♪

 

*野菜と塩こうじをジップロックなどの袋に入れ、軽く揉み半日冷蔵庫へ。お急ぎの際は、野菜を小さく切り揉んだあと10分程漬けてください。

 

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

057

 
半日漬け込んだ鶏むね肉を焼いたもの(B)
 
*特にパサパサしやすい鶏のむね肉は、半日程漬け込むと良い塩加減がついたジューシーな鶏肉になります。糀菌の酵素の力で、タンパク質をアミノ酸に分解するためやわらかくなります。   
 
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

 【試食の感想をいただきました】

~時短漬物(A)~
・短時間でも漬かってとても便利。こうじの粒が無いので、とてもサラッとしていて使い勝手抜群!!お値段も手頃で購入しやすい金額&容量です。
・いろんな野菜に使えますね。塩辛すぎず、3時間程で出来るのがいいですよね。
・ポリポリとまらず食べれるいい塩加減で美味しいです。
・ほんのり甘みが出て、美味しいです。
・野菜の味が出てくれて美味しい。こうじのクセがなく食べやすい。
・こうじ独特の風味が良い。美味しかったです。加熱されている塩こうじとは全く違いました。
・短時間でも塩こうじを使用すれば、こんな仕上がりになるのですね!野菜そのものの味をパワーアップさせる不思議な調味料ですね。

 

~鶏肉漬け焼(B)~

・やわらかくて胸肉だと分からないくらい!しっとりして美味しかったです。
・旨みと塩味がちょうど良くて、しっとりして美味しかったです。手軽に使える所が良いですね。
・片手で振りかけられるボトルタイプが、本当に便利♪
・胸肉なのにやわらかく、味もまろやかで美味しかったです。
・思った以上にお肉がやらかくてビックリ!これだけで味が決まるので楽チン♪
・中まで味が入っていて美味しかったです。ムネ肉のやわらかさにビックリ!
 

---------------

 

★次回は3月1回で企画されています。

皆様もぜひ、ご賞味ください♪

月別アーカイブ