ホーム > コープいしかわについて > 次世代育成支援『一般事業主行動計画』

次世代育成支援『一般事業主行動計画』

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画について

「次世代育成支援対策推進法(※)」に基づき、101人以上の労働者を雇用する事業主は、仕事と子育てとの両立を図るために必要な雇用環境の整備等(次世代育成支援対策)を進めるための「一般事業主行動計画」を策定し、その旨を都道府県労働局に届け出る義務があります。 行動計画については、厚生労働省の定めた一定の条件を満たした場合は、都道府県労働局長から認定を受け、認定マーク"くるみん"を使用することが出来ます。

※次世代育成支援対策推進法… 次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育成される環境の整備を行うために、国、地方公共団体による取り組みだけでなく事業主にも労働者が仕事と子育てを両立させ、少子化の流れを変えるための行動計画を策定するように定められています。

次世代認定マーク(くるみん)の取得

コープいしかわは、女性の能力開発や労働条件の改善だけでなく、男女ともに働きやすく、仕事と家庭生活との両立(ワークライフバランス)をすることが、組織の持続的な発展と次世代育成への社会的責任を果たすとして、「行動計画」を策定し積極的に取り組んできました。

その結果、2016年2月、石川労働局よりその取り組みが認定され、「次世代認定マーク(くるみん)」を2012年度に引き続き、3期連続して取得しました。

第4期 一般事業主行動計画

【生活協同組合コープいしかわ 次世代育成支援行動計画】

生活協同組合コープいしかわ

職員が仕事と子育てを両立させることができ、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。

1、計画期間  2015年4月1日~2018年3月31日(第4期 )
2、計画内容

●目標1

妊娠中や出産後の女性労働者の健康の確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供及び相談体制の整備を検討します。

対策

  • 育児中の職員への福利厚生(互助会行事)の参加の促進をし、コミュニケーションの強化をします。
  • おたすけパンフレットなどによる休暇制度や給付制度の周知を行うことで、妊娠中、出産後の職員の健康確保と、職場全体の意識向上に努めます。
●目標2

所定外労働時間の削減のための措置を実施します。

対策

  • 労理協同で構成する経営協議会にて検討します。 
  • 毎月の所定外労働時間の確認によるマネジメントの強化を行います。
  • 情報システムの活用を強化し、業務効率の向上を図ります。
●目標3

子どもが保護者である労働者の働いているところを実際に見ることができる「子ども参観日」を継続します。

対策

  • 参加者の拡大に努めます。
  • 参加者が増えることで、より両立支援につながるよう努めます。 

※石川コープロジスティクス(株)も上記同様次世代育成支援計画を計画します。
期間は、2015年4月1日~2018年3月31日です。

石川コープロジスティクス(株)の次世代育成支援計画はこちら

ページの先頭へ